賃貸住宅や店舗、老人ホームの建設もテクノストラクチャーで! 店舗・施設の建設をお考えの方へ|昭和ハウジング泉州の家づくりのヒント

MENU

賃貸住宅や店舗、老人ホームの建設もテクノストラクチャーで!
店舗・施設の建設をお考えの方へ

大規模建築の場面でも、
鉄骨造より木造が主流になりつつあります。

これまでは、鉄筋コンクリート造や鉄骨造が主流だった大規模建築物。環境やコスト面への配慮から木造が注目されています。

パナソニックのテクノストラクチャー工法は、木と鉄の複合梁「テクノビーム」による高い強度で、従来の木造建築物の課題を克服し、鉄骨造に引けをとらない強度と機能性を実現しました。

コストや税金など木造の魅力も併せ持ち、大規模建築の新しい選択肢として、提案の幅を広げる工法です。
また、優れた機能性と木造のメリットで、鉄骨造からの切替を検討できる工法です。

1.高い設計対応力

これまでは、鉄筋コンクリート造や鉄骨造が主流だった大規模建築物。環境やコスト面への配慮から木造が注目されています。パナソニックのテクノストラクチャー工法は、木と鉄の複合梁「テクノビーム」による高い強度で、従来の木造建築物の課題を克服し、鉄骨造に引けをとらない強度と機能性を実現しました。
コストや税金など木造の魅力も併せ持ち、大規模建築の新しい選択肢として、提案の幅を広げる工法です。また、優れた機能性と木造のメリットで、鉄骨造からの切替を検討できる工法です。

2.経年変化を抑え、メンテナンスコストを抑制

テクノビームは長期間経過しても、たわみがほとんど進行しません。たわみをおさえることは、メンテナンス費用と手間の軽減につながります。
梁がたわむとドアの開閉がしにくくなるほか、建物のゆがみに発展し、床鳴りや隙間風を起こす原因にもなりえます。構造体の精度が保たれるため、建物の価値を長く維持することができます。

3.木造だから建設コストが低減でき、節税効果にも期待

木造は一般的に、鉄骨造などより工期が短く、また、建物が軽いため、基礎にかかるコストを大幅に抑えることができます。
テクノストラクチャーは、木造を検討する際にネックとなる強度についても、鉄骨造にひけを取らない水準を実現。鉄骨造と同等の強さを持った建物を、木造レベルのコストで提案することが可能です。
また、木造のため減価償却期間が22年で設定されており、鉄骨造よりも12年も短いのも特長の1つ。長期的な事業リスクを軽減でき、大きな節税効果をもたらす提案は、オーナー様にとって大きなメリットです。
その他にも、所得税や固定資産税・都市計画税、相続税といった税金対策にも有効です。

※1…建物の規模や内容によって変わる場合があります。
※2…建物用途住宅・寄宿舎・宿泊所・学校・体育館の場合
※3…骨格材の肉厚4mm越の場合

 

 

お問い合わせ

  • 土地を探す
  • イベント情報を見る
  • カタログ請求する
  • 土地を探す
  • イベント情報を見る
  • カタログ請求する
メールでのお問い合わせ 無料通話